質屋の目が偽物をはねつける

質屋には有象無象の輩がやってくる。

質屋の決まり事

質屋の目が偽物をはねつける

目利きが命の質屋ではありますが、最近の偽物ブランド品はかなり精巧になっていて正直鑑定が難しくなっているようです。

宝石そのものやアンティーク高級品などは鑑定のポイントが確立されているので安心ではありますが、日々新作の登場するブランド物はデータの蓄積ができないのがその理由のひとつです。

質屋で買った物でも偽物である例はゼロではないようです。

買ってはみたもののどうもおかしいと思ったら、他の質屋に持って行くのも手かもしれませんが、おかしいと思えるようなものを買わないことが一番ですよね。

その意味では消費者も勉強するしかない面があります。

安い物には裏がある。

もちろん、偽物と知って質屋に持ち込む事すら犯罪ですから、店が偽物と知って販売するのも犯罪です。

信用面からしたら大変な問題です。

そう言うことはありません。

しかし、高級品を安く買う際にはやはり買う側にも覚悟が必要です。

偽物だとしても好きだから、と言う考え方の方が幸せと言うものでしょう。

買ったのはいいけど何か晴れ晴れしないのでは逆効果。

びくびくするぐらいなら、最初から正規販売店で購入した方がいいというものです。

▼オススメサイト
南砺リサイクルセンター

Copyright (C) www.gypsyshoes.com. All Rights Reserved.

質屋の決まり事